宝飾品の再利用

ジュエリー

ジュエリーリフォームでは金種が違っても新たに作ることが可能です。貴金属は換金することが出来ますので、お金に換金して新たに地金を仕入れるのでどんな地金でも作り直すことが可能ですので、ショップなどに問い合わせをすることをお勧めします。

時計のメンテナンス

ゼンマイ

オメガがスイスの高級時計メーカーで現在はスウォッチグループに入っています。オメガの時計はシーマスターやスピードマスターが有名ですが、特にスピードマスターは1960年代にNASAの厳しい試験に合格して公認クロノグラフになったことで一躍有名になりました。そんなオメガの時計は定期的なオーバーホールを行うことが必要です。オーバーホールを行うことで性能を保ち、より長く使うことが出来るようになります。オメガでは機械式もクォーツ式も両方製造しており、両方のオーバーホールを正規カスタマーサービスに依頼することが出来ます。忙しい方の為にピックアップサービスもあり、電話やウェブサイトから申し込むと引取りをしてくれます。

オメガのオーバーホールはどの位の頻度で行えば良いのでしょうか。使用状況などによりますが一般に3年〜5年毎と言われています。例えば圧力などが掛かる過酷な状況で使用しているのならば、もっと頻繁に行う必要があるでしょう。オーバーホールは時計を分解して清掃を行いますが、その際に必要であればパーツの交換なども行い調整して返却してくれます。オーバーホールの費用はモデルやタイプによって違います。機械式の時計の方がクォーツに比べて若干高いですし、モデルによっては5万円から10万円を超える時計もあります。オーバーホールの費用は高いですが、交換に純正の部品を使いますし正規のメンテナンスを受けることで安心することが出来ます。

ROLEXを安全に使う

男性

ロレックスのオーバーホールは時計の内部構造によって頻度が違うので知っておきましょう。また日本ロレックスはかなりの人気があるサービスです。ここでは古いパーツもストックされていて製造中止されたロレックスでも修理できます。

動作不良のメンテナンス

時計

ロレックスの時計は機械式であるため、定期的なオーバーホールを実施することによって、いざ壊れてしまってから修理するよりも、安価な費用で良好な状態を保つことが可能になっています。また日本では日本ロレックスに依頼をすることで、正規のパーツとの交換をしてもらうことが、非常に長期に渡って可能になっています。