やりがいのある仕事を探してるなら塗装業の求人がお勧め!

経験の有無で違う

履歴書の書き方も違う

住宅と塗装業者

塗装の求人に応募する場合には、塗装の仕事に携わってきた経験があるかどうかで応募方法が異なります。
経験者の場合にはステップアップするために、あるいは現場の職長として働く求人に応募することが多いため、前職でのキャリアについてまとめた職務経歴書が必要となります。
応募する職場が認定資格などを求めている場合には、その証明も必要です。
未経験者で塗装の求人に応募する場合には実にシンプルで履歴書を送付あるいは面接の時に持っていくだけで応募が可能です。
しかしながら塗装の求人に申し込む際には必ず連絡をした上で面接の日程を決めるようにしましょう。
飛び込みで応募しても先方に迷惑をかけてしまうことになるので、求人にある電話番号あるいはメールアドレス等からアポイントをとる必要があります。
塗装の求人によっては履歴書不要で面接時の服装についても特に指定がないことがありますが、面接の時には社会人として最低限のマナーを守って挑むようにしましょう。
塗装工は人手不足の現場も多く、定着率を上げるために未経験からでもしっかりと社員教育をしてくれます。
応募していざ面接という時には、とにかく熱意を先方に伝えることで採用される確率も格段に上昇しますから、なぜ塗装の仕事に就きたいと思ったのか志望動機を考えておくのも良いでしょう。
塗装の求人の申し込み方法はハローワークあるいは求人サイトや求人誌などから応募する方法があり、いずれの方法でも必ず面接はあります。

やりがいのある仕事

刷毛を持つ人

塗装の求人と一口にいっても、働く場所は実に多様です。
ビルや建物の外壁塗装もありますし、自動車の整備で行う塗装もそうです。
どのような求人であれ、塗装の仕事は、自分の仕事が形になり目に見えるという点でやりがいのある仕事といえます。
とはいえ、屋外で行う仕事が多く、力仕事でもあるため、きつい仕事であるのは確かです。
服も汚れますし、塗料特有の匂いで頭が痛くなることもあります。
外壁塗装などでは、高いところでの作業が発生するため、高所恐怖症の人には辛いかもしれません。
ですが、その分日給や時給、月給はよいことが多いです。
求人募集に応募するときは、塗装を依頼する人の気持ちで会社をチェックするとよいでしょう。
きちんとした工事を行う会社は、社員の待遇に関してもきちんとしていることが多いためです。
具体的には、足場の作り方とメッシュの張り方がポイントとなります。
外壁を塗る場合、確実な足場作りとメッシュ張りは作業全体の安全を左右するものです。
足場が不安定では作業員の安全が確保できませんし、メッシュ張りが適切でないと周囲の家に迷惑をかけるおそれがあります。
求人に応募しようと思ったら、その会社の工事を見てみると良いでしょう。
また、安全についての取り組みや、待遇を直接聞くのも重要です。
待遇や安全について気をつけているところは、求人募集にもその旨掲載されていることが多いです。
特に長く働くには、働きやすさが重要になってくるので、給料だけでなくきちんとチェックしましょう。

独立も目指せ安定している

家

塗装業界は建設業界と同様に職人の数が不足しており、このため求人数は豊富で採用される確率はかなり高い仕事です。
さらに、これから先は高齢化が進み職人が少なくなるために、ますます求人は多くなると考えられます。
このような状況なのでこれから塗装業界に飛び込もうと考えている方は、安心して求人に応募できることでしょう。
それに塗装業は就職の際に、学歴を問われないところも良い点といえるでしょう。
塗装の仕事は、地道に仕事をしていれば大きく儲けていける魅力のある仕事でもあります。
修行期間はあるものの、日々仕事をしていると塗装の技術は高まっていき、この技術を活かして独立・開業ができます。
自分で会社を構え多くの職人を抱えて規模を大きくしていけば、収入を大幅に増加させられるでしょう。
また、世の中に数多くの仕事はありますが、この中でも塗装業は将来的にも有望な業界だと言えます。
人の生活には住居は欠かせないもので公共施設なども新設や建て替え、改修仕事があり、これからも継続して仕事を期待できるので将来にわたって安定している業種とも言えるでしょう。
加えて、近年は住宅のリフォームする方も増加しているので、市場は拡大傾向にあると考えられます。
この他、人の住まいに関わることは景気に左右されづらいという特徴も持っています。
建物を長期間いい状態に保つためには、定期的なメンテナンスは必要で塗装もその維持に関わる重要な部分です。
このため、工事数は増減することが少なく、安定的に塗装の仕事は供給されています。
塗装業の仕事は、職人の数が不足しているのでこれからますます求人が増えてくる業種だと言えます。
また、独立開業して、大きく稼いでいくこともできる職業でもあります。
さらに、人の生活に必須の建物に携わる職業なので、これから先も安定して仕事がある職業です。

募集件数はかなり多い

婦人

施工管理の求人は建設業界でも建築業界でも様々なところから求人が出されています。経験者はもちろんの事、未経験者でも採用してくれることが多いので、それぞれの能力に合わせて施工管理の求人を探すことにしましょう。

もっと読む

業務内容を知っておこう

作業現場

施工管理の求人情報を見る時は、具体的な業務のことを知る必要があります。施工管理に関する国家資格を持つことで、企業からの需要が高まり求人に応募する際に有利となります。施工管理の業務を行う時は、工事現場全般のことを考えることが大切です。

もっと読む

自分に合った待遇を探す

作業員

施工管理は派遣でも時給が高い傾向にあるため、人気のある仕事です。需要も高く、経験を積んだり資格を取得することでより条件の良いところへ転職できる可能性もあります。全国に展開している派遣会社では勤務先を選べることもあるので、経験やスキルを活かせる職場を探せるというメリットもあります。

もっと読む