動作不良のメンテナンス|オメガのオーバーホールを修理する時の注意点

動作不良のメンテナンス

時計

定期的なメンテナンス

日本でも人気の高級腕時計ブランド、それがロレックスです。そんなロレックスの腕時計は、その内部構造が機械式であるため、購入してから数年、十数年といった長期の間メンテナンスをせずに利用し続けてしまうと、表示する時間が著しく狂ってしまうようになったり、動かなくなってしまうなどの動作不良を起こすようになってしまいます。そういったことを避けるため、ロレックスの腕時計は少なくとも五年に一度ほどの周期で、定期的なオーバーホールというメンテナンスを行う必要があることは、覚えておきたいポイントになっています。いざ動かなく待ってしまってから修理に出すよりも、定期的にオーバーホールを行う、事前にパーツの交換などを行った方が、結果として掛かる費用も安価になるといった点も、見逃せないメリットになっています。

価値を保つために

日本においてロレックスの腕時計をオーバーホールや修理に出す際には、いわゆる正規の窓口である日本ロレックスの修理窓口を利用するのか、あるいは街にある時計店に依頼するのかといった選択肢があります。よりオススメなのが、日本ロレックスを利用する方法です。これは、日本ロレックスでは、たとえそれぞれのモデルの製造が中止されてしまっても、それから三十年間は各パーツを保持しているためです。そのため、修理でパーツを交換することになったとしても、正規のパーツを使用してもらうことが可能になっており、時計の価値が下がってしまうことがないのです。ロレックスの時計は中古市場においても非常に高額で取引されていることで有名ですが、正規のパーツが使われているという点は、この高額査定に関わるポイントでもあるため、その価値を保つために、積極的に利用してみるといいでしょう。