やりがいのある仕事を探してるなら塗装業の求人がお勧め!

業務内容を知っておこう

業務のイメージを持つ

作業現場

施行管理の求人を見る時はその業務内容を理解することが大切です。
施工管理の業務はいくつかの分野に分かれていますが、基本的な部分の業務は共通しています。
施行管理の業務は施工管理を立てて現場における工程管理や品質管理や安全管理などを行います。
施工管理の求人を見る際には、工事現場のことを知ることも重要です。
従業員の勤怠管理を行い、施工する職人の人が工事を安全に進めることができるようにすることも施工管理に含まれます。
施工管理は多岐にわたる業務なので、求人情報を見る際にはその業務一つ一つのイメージを持つことが重要です。
施工計画の作成には工程管理を行う必要があり、工程管理ができてはじめて工事をスタートすることができます。
工事は工期に間に合えばよいのではなく、品質管理をする必要があります。
施工管理の業務にはコスト管理も含まれてして、工事で発生する様々なコストを調整・抑制して、予算内に収めることも求められます。
安全管理も施工管理の重大な業務で、正しい手順での工事を徹底してもらうことで工事で事故を発生するのを事前に防ぐことも可能となります。
施工管理の求人情報を見る際には、こうした業務の具体的なイメージを持つことと具体的な労働条件について知ることも大切です。
有給の日数や残業時間の傾向などを確認や工事現場の傾向などを知ることで、より具体的な業務に関するイメージを持つことができます。
施工管理に関する国家資格は多いので、取得することで企業からの需要を高めることもできます。

登録をしてみよう

夕日と重機

明るい社会を構築するには、安心したまちづくりが必要となります。
しかし、わが国は、豪雨災害や、地震災害に代表されます災害大国と言われます。
そのため、明るいまちづくりには、災害への対応が不可欠となります。
防災には、ソフト対策とハード対策の二つを挙げることができます。
その中のハード対策には、護岸や防災施設の整備といった社会資本整備を挙げることができます。
これらの社会資本整備に不可欠な要素が品質確保を目的とした施工管理です。
施工管理には、品質だけでなく、安全や工程などの管理項目を必要としています。
なので、施工管理の仕事は、責任感がある人に向いています。
また、ある程度の経験や技術が必要になると言えます。
未経験でも応募が出来る求人は少ないと言えるでしょう。
しかし、企業によっては人材不足のため、未経験者でも求人応募を受け付けている場合があります。
そのような企業では、人材育成に力をいれていることがあります。
なので、面接の際にきちんと確認をしましょう。
また、最近では、ステップアップのために転職を考えている施工管理者もいつことでしょう。
このような経験者の場合、企業と求職者を結びつけるマッチングサイトを利用してみてはいかがでしょうか。
サイトに登録することで、企業側からオファーが来ます。
経験者であれば、すぐに声がかかることでしょう。
また、派遣会社に登録することもお勧めします。
派遣であれば、さまざまな場所で施工管理の経験を積むことが出来ます。
派遣から正社員に登用されることも珍しくありません。
また、派遣への登録は未経験者でも可能なので、まずは登録をしてみてはいかがでしょうか。

専門性が活かせます

男女

施工管理の求人と言えば、危険・重労働で土木や建築現場を思い浮かべる人も多いでしょう。
しかし、実際の建設現場では近年IT技術の導入により、ドローンによる測量や現場巡視、建設機械の自動運転など3D解析による施工管理が行われる安全・省力化の時代になってきています。
つまり、体力より専門的な知識や技術を活かして最新技術を導入し、安全かつ正確に行う施工管理が求められます。
このような事情から、施工管理に関する求人の中には男性・女性を問われないものも多くあり実際の現場にも女性の施工管理技術者を見かけられるようになっています。
もちろん子育てと両立しながら仕事をしてる方もいらっしゃいます。
また、施工管理の求人のなかには国内での土木・建築・設備工事にとどまらず、語学力を活かして海外の大規模なプロジェクトに参加できるものもあります。
また、工場での機械や産業用ロボットの組み立てに関する施工管理など多種多様です。
現在、建設業界では技術者や建設労働者の慢性的な人手不足が続いている為、効率よくかつ安全に工事を進めるための技術者の需要が高くなっています。
実際の求人の中には、働きたい業種や場所、働き方など選択肢も多くあります。
即戦力を求める有資格者に対する求人が目立ちますが、将来を見据えた新卒採用も多くあります。
最近では、特に女性に対して門戸を広げた求人も多く、応募者も増えてきています。
このように施工管理の求人にも時代による多様性が見受けられます。
中でも、人不足を補うための有資格者や現役の技術者に対する求人は常に行われています。

募集件数はかなり多い

婦人

施工管理の求人は建設業界でも建築業界でも様々なところから求人が出されています。経験者はもちろんの事、未経験者でも採用してくれることが多いので、それぞれの能力に合わせて施工管理の求人を探すことにしましょう。

もっと読む

業務内容を知っておこう

作業現場

施工管理の求人情報を見る時は、具体的な業務のことを知る必要があります。施工管理に関する国家資格を持つことで、企業からの需要が高まり求人に応募する際に有利となります。施工管理の業務を行う時は、工事現場全般のことを考えることが大切です。

もっと読む

自分に合った待遇を探す

作業員

施工管理は派遣でも時給が高い傾向にあるため、人気のある仕事です。需要も高く、経験を積んだり資格を取得することでより条件の良いところへ転職できる可能性もあります。全国に展開している派遣会社では勤務先を選べることもあるので、経験やスキルを活かせる職場を探せるというメリットもあります。

もっと読む